日々彦「ひこばえの記」

日々の出来事、人との交流や風景のなかに、自然と人生の機微を見いだせてゆけたら、と思う。※日々彦通信から一部移行。

◎母の日に父母のことを思う

〇孫の成長や娘夫婦の孫に対する心配りを見てて、私の育ちのことや父母のことを思う。

  今の私は、〈安心〉と〈信頼〉で支え続けてくれた人として母や父を考えている。何はともあれ一貫して受け入れて貰ってきた「安心感」と、どのような状態、状況にあろうと父母からの「信頼感」のようなものを覚え、そこに甘え続けたともいえるかも知れない。

 さらに、兄妹やその頃しきりに面倒を見てくれた叔母も含めた家族の中の安心感のもとで育っていったのだと思えた。変な言い方になるかもしれないが、みな〈ふつう〉の人たちである。

 

 私は20歳前に家を離れ、その後、自分の思うまま自活しながら暮らし始めた。実家に帰ることもあまりなく、父母に相談をしたこともほとんど記憶にない。

 その頃学生運動や社会運動などが盛んで、そのようなことにのめり込むのではないかなど心配をしていたらしいが、たまに家に帰ると、とにかく温かく迎えてくれて、とても居心地の良いことを感じていた。

 

 27歳のとき、ある共同体に関わり始め、そこに参画することになる。それに対し、父はその団体に拒否反応はあったが、母はお前が決めたところなのでと受け入れてくれ、やがて、そこの講習会にも参加した。

 父は亡くなるまでそこを否定していたが、そのこととは関係なく、私に対しては、母と共に信頼をおいていたのではないかと勝手に思っている。

 ごくたまに会うと、二人ともとても喜んでいるのを感じて、私もほっとくつろぐものがあった。父母にわだかまりを覚えたことの記憶もあまりない。

 

 2001年に25年程在籍していたそこを離れた。その頃仲間たちの離脱も続いていて、その人たちの支えもあったが、母をはじめ兄妹たちのその後の生活をいたく気にかけてくれるのが伝わってきて、そのような励ましが大きな力となったと思っている。

 父は既に亡くなっていて、母は老人施設のお世話になっていた。自分のことよりも、子どもである私に、なんとか支えになっていきたいという思いに溢れていて、このような父母によって、育てられてきたのだとしみじみした思いにかられたこともある。

 

 様々な家族、親子の在り様があると思うが、自分の場合は、遠慮気兼ねの全くいらない、大いなる安心の拠り所として機能していたと考えている。そして、それが最も大事にしたいこととも考えている。

 乳幼児の成長の重要な第1段階として、どうあろうと受け止めてくれる親などにより安心感を覚え、その連続の過程で人に対する基本的信頼感を身に着けることがある。

 

 そのような環境で育ったひとは、「親密さ」「信頼感」の基礎となるようなものを、からだで深く憶えていき、その後の人間関係に影響を及ぼし、様々な困難や試練というものを乗り越えていくための支えや希望となるともよく言われる。

 このことは、乳幼児期には最重要な課題だと思うが、ひとや様々のことに対しての安心から信頼への獲得は、心地よい暮らしのエッセンスになるのではないだろうか。

 

 私は、50歳過ぎてから介護の仕事に携わってきた。そこで何よりも大事なことは、支援する・される関係でなく、先ずその人に「安心感」を抱いてもらうような両方向の交流で、その積み重ねで「信頼」を得ることである。そこまでいかないと、単なるこなし仕事や支援することが重労働になってしまう。

 では、今の私はどうであろうか。

 身内だけではなく、その他の関係で織りなす家族のような間柄も含めて、他の人に安心と信頼を抱いてもらえる自分であるかどうか。そのような関係になっている人がどれぐらいいるのだろうか。

 身体的にいろいろな劣化があり、ほんとにたいしたとはできようもないが、その気持ちだけは外さないでいきたいと思っている。

 

〇忘れられない母の思い出。
 6歳頃まで、ことばが使えなくて、人からは知恵遅れではないかと言われていたそうだが母や叔母さんは、この子は大器晩成だと言い続けていたそうだ。


 私にとって印象に残る物語化しているだろうエピソードがある。
 幼稚園の卒園に向けて、同期の仲間で、さるかに合戦をすることになり、「クリ」の役をすることになった。

 どの役をするのか皆でワイワイやっていたが、私の場合は、セリフがほとんどないので、すぐに決まった。
 さるかに合戦は「サルをこらしめるために、囲炉裏に潜んでいたクリがパチーンとはじけて、サルのお尻にぶつかる」というような場面がある。そのクリの「パチーン」と大きな声を出すのが幼稚園の先生が用意した唯一のセリフだったと思う。


 当日は緊張しながら、声を出した。あとで母が、あの「パチーン」は「とても良かったよ」と言ってくれて、嬉しかった記憶がある。