日々彦「ひこばえの記」

日々の出来事、人との交流や風景のなかに、自然と人生の機微を見いだせてゆけたら、と思う。※日々彦通信から一部移行。

◎日々彦「詩句ノート」、さだまさし「償い」「親父の一番長い日」

※Facebookの友人たちの交信のなかで、さだまさしの曲「償い」「親父の一番長い日」が話題に出ていた。私も聞いてみて、そこからいろいろなことを考えた。

 その作詞作曲の経過は『ウィキペディア(Wikipedia)』に詳しく紹介されていて、YouTubeで検索すると、聞くことができる。

 

〇『償い』作詩・作曲:さだまさし

 月末になると ゆうちゃんは薄い給料袋の封も切らずに

 必ず横町の角にある郵便局へとび込んでゆくのだった

 仲間はそんな彼をみてみんな貯金が趣味のしみったれた奴だと

 飲んだ勢いで嘲笑っても ゆうちゃんはニコニコ笑うばかり

 

 僕だけが知っているのだ 彼はここへ来る前にたった一度だけ

 たった一度だけ哀しい誤ちを犯してしまったのだ

 配達帰りの雨の夜 横断歩道の人影に

 ブレーキが間にあわなかった 彼はその日とても疲れてた

 

  人殺し あんたを許さないと 彼をののしった

  被害者の奥さんの涙の足元で

  彼はひたすら大声で泣き乍ら

  ただ頭を床にこすりつけるだけだった

 

  それから彼は人が変わった 何もかも

  忘れて 働いて 働いて

  償いきれるはずもないが せめてもと

  毎月あの人に仕送りをしている

 

 今日ゆうちゃんが僕の部屋へ 泣き乍ら走り込んで来た

 しゃくりあげ乍ら 彼は一通の手紙を抱きしめていた

 それは事件から数えてようやく七年目に初めて

 あの奥さんから初めて彼宛に届いた便り

 

 「ありがとう あなたの優しい気持ちは とてもよくわかりました

  だから どうぞ送金はやめて下さい あなたの文字を見る度に

  主人を思い出して辛いのです あなたの気持ちはわかるけど

  それよりどうかもう あなたご自身の人生をもとに戻してあげて欲しい」

 

  手紙の中身はどうでもよかった それよりも

  償いきれるはずもない あの人から

  返事が来たのが ありがたくて ありがたくて

  ありがたくて ありがたくて ありがたくて

 

  神様って 思わず僕は叫んでいた

  彼は許されたと思っていいのですか

  来月も郵便局へ通うはずの

  やさしい人を許してくれて ありがとう

 

  人間って哀しいね だってみんなやさしい

  それが傷つけあって かばいあって

  何だかもらい泣きの涙が とまらなくて

  とまらなくて とまらなくて とまらなくて

-----

〇『親父の一番長い日』さだまさし作詞・作曲

おばあちゃんは夕餉の片付けを終えた時

弟は2階のゆりかごの中で

 

僕と親父は街頭テレビのカラテ・チョップが

白熱した頃に 妹の誕生を知った

 

それから親父は 占いの本と辞書と

首っぴきで

実に一週間もかけて

 

娘のために つまりはきわめて何事もない

ありふれた名前を見つけ出した

 

お七夜 宮参り 夫婦は自画自賛

可愛いい娘だと はしゃぎ廻るけれど

僕にはひいき目に見ても しわくちゃの失敗作品

やがて彼女を訪れる 不幸に胸を痛めた mm…

兄貴として mm…

 

妹の生まれた頃の我が家は

お世辞にも 豊かな状態でなかったが

 

暗闇の中で 何かをきっかけに

灯りが見えることがある

そんな出来事だったろう

 

親思う心に勝る 親心とやら

そんな訳で妹は ほんのかけらも

みじめな思いをせずに育てられた

ただ顔が親父に似たことを除けば

 

七五三 新入学 夫婦は狂喜乱舞

赤いランドセル 背負ってか 背負われてか

学校への坂道を 足元ふらふら下りてゆく

一枚のスナップが 今も胸に残ってる mm…

兄貴として mm…

 

我が家の血筋か 妹も足だけは速くて

学級対抗のリレーの花形で

 

もっとも親父の応援のすごさに

相手が気おくれをして

随分助けられてはいたが

 

これも我が家の血筋か かなりの演技派で

学芸会でもちゃんと 役をもらった

親父の喜びは 言うまでもない

たとえその役が 一寸法師の 赤鬼の役であったにしても

 

妹 才気煥発 夫婦は無我夢中

反抗期を過ぎて お赤飯を炊いて

中学に入れば 多少 女らしくなるかも知れぬと

家族の淡い期待 あっさり裏切られてがっかり mm…

兄貴として mm…

 

妹の初恋は高校二年の秋

相手のバレー部のキャプテンは よくあるケース

 

結局言い出せる 筈もなく

枯葉の如く散った これもまたよくあるパターン

 

彼氏のひとりも いないとは情けないと

親父はいつも 笑い飛ばしては いたが

時折かかる電話を 一番気にしていたのは

当の親父自身だったろう

 

危険な年頃と 夫婦は疑心暗鬼

些細な妹の言葉に揺れていた

今は我が家の 一番幸せなひととき も少し

このままいさせてと 祈っていたのでしょう mm…

親子として mm…

 

或る日ひとりの若者が 我が家に来て

“お嬢さんを僕に下さい”と言った

親父は言葉を失い 頬染めうつむいた

いつの間にきれいになった娘を見つめた

 

いくつもの思い出が 親父の中をよぎり

だからついあんな大声を出させた

初めて見る親父の狼狽 妹の大粒の涙

家中の時が止まった

 

とりなすお袋に とりつく島も与えず

声を震わせて 親父はかぶりを振った

けれど妹の真実を見た時

目を閉じ深く息をして

小さな声で…

 

“わかった娘は くれてやる

その変わり一度でいい

うばって行く君を君を殴らせろ”と

言った mm…

親父として mm…

 

妹の選んだ男に間違いはないと

信じていたのも やはり親父だった

花嫁の父は静かに 娘の手をとり

祭壇の前にゆるやかに立った

 

ウェディング・ベルが 避暑地の教会に

鳴り渡る時 僕は親父を見ていた

まぎれもない 父親の涙の行方を

僕は一生忘れないだろう

 

思い出かかえて お袋が続く

涙でかすんだ 目の中に僕は

今までで 一番きれいな妹と

一番立派な 親父の姿を 刻み込もうとしていた mm…

兄貴として mm…

息子として

 

〇2019年四季折々(2月4日~10日)

(4日)・立春の空も大地もうごめけり

 今日は立春。必ずしも暦とは一致しないが、俳句を趣味としているせいか、立春の感情が整えられるような気がする。特に夕方の日脚の伸びに、寒気のなかにも春の兆しが感じられる。また、長塚節『土』に、「春は空からそうして土から微(かす)かに動く」との表現を思い起こす。

 

(5日)・あの曲に親父の姿かげろへり

 先日Facebookで友人たちが私の所属していた共同体のことで「子育て」や「親のあり方」などの交信があり、さだまさしの曲「親父の一番長い日」が話題に出ていた。そこからいろいろなことを考えた。

 私は「子放し」を標榜する特殊な共同体にいたので、そこで末娘は生まれたが、それ担当の人に任せきりで、子育てには全くといっていいほど関わっていない。

 昨秋出産した娘夫婦を見ていて、受けとめ手の主体は母親であるが、夫婦でともに支え合いながら、子育ては進んでいくのだなと、見ていて思う。

 そして、若い友人がいう「子育ては大変だけど楽しかった」という貴重な体験、味わいはしていない。その間、親らしいことはほとんどやっていないのではないか。

 

(6日)・春立つや海へ大地へわが家へと

 今日は息子の誕生日。精密機械加工の仕事をしていて、41歳になる今年から個人的に事業を立ち上げる。空き家になっている事業所を借り、そこはいたるところ汚れがしみついていて、昨年12月から日曜ごとに、私たち夫婦も一緒に磨きをしている。個人事業といっても、いろいろな支援が必要だと思っていて、今後も何かと関わっていくだろう。

 

(7日)・春朧いい加減のもつ良い加減

 今日は妻の誕生日。このところ妻に気をかけてもらい、心の底で支えられて安心して暮らしているのだと思っている。

 また、娘が出産して、妻が何かと面倒を見ることがある。身体は70歳を超えた年以上に丈夫に見えるが、日に日にしっかりしてくる赤ん坊の世話は相当疲れるらしい。

 だが、子どもを育ててきているので、わたしから見ると巧みに要領を得ていて、安心感を覚える。具体的な赤ん坊の世話になると、娘もわたしにはまったく頼らず妻に任せている。

 

(8日)・あたたかな言葉を寄せる人と人

 90歳を過ぎたお母さんがインフルエンザの罹患で、友人が困難を抱えていることがFacebookに投稿されていた。何人かの人が、寄り添いの言葉をコメントしていて、どれにもその気持ちがこちらにもしみじみ伝わってきた。私もどのように声掛けしたらわからないと思いながら、いくらか言葉を添えて、「お母さんが無事快復されることを祈っています。」とコメントした。当事者がどのように受けとめるのかわからないが、このようなことを簡便にできる友達同士のFacebookの一つの機能のような気がしている。

 

(9日)・春を待つどんなときにも萌しあり

 わが家でも息子が高熱を出してしばらく寝込んでいた。医者に掛かってもよくなる保障はなく、身体の様子を見ながら、「時ものを解決するや春を待つ」(虚子)のごと、時の経過による自然治癒力をあてにしていた。

 だが、90歳を超えた高齢者の場合は肺炎などの心配もあり、まず病院に頼るしかないが、その体制も不十分な場合がままある。

 90歳過ぎの義父母と暮らしていたとき、かかりつけ医によく面倒を見ていただいていたので、容態が極度に悪くなると、適宜連絡しながら対応していたが、よい方向に向かうまでは、気もそぞろであった。

 特に高齢者にとっては、気心の知れた家庭医に恵まれていることが大きいと思う。

 

(10日)・春うらら共に育つや吾子と親

 娘夫婦の赤ん坊が育っていく経過を見ていて思うことは、3か月を過ぎると意志、意欲なども芽生えてきていることも感じるが、主に体全体に感じたことからの反応で、そこに「計らい」らしきものではないかと思っている。

 一方親の方は、赤ん坊の状態を注意深くただ見つめ、「ありのまま」受けとめて、ひたすら世話をするだけで、こんなはずではないなど出ようがない。それを当たり前のこととして楽しみながらとらえていく姿に、大変さとともに面白さを感じている。

 どのように育ってきたということが、自らの子育てに反映していくといわれているが、そこも見ていきたいと思っている。