日々彦「ひこばえの記」

日々の出来事、人との交流や風景のなかに、自然と人生の機微を見いだせてゆけたら、と思う。※日々彦通信から一部移行。

多田富雄

◎日々彦「詩句ノート」、「生きる」について(多田富雄、池田晶子)

〇小松成美『虹色のチョーク----』などから、よりよく生きることが働くにつながるのであり、働くために生きているのではない。 現社会で働くことは、その成果として収穫する、換金して稼ぐあるいは給料をもらい自らの生活を成り立たせていく。その結果として…

◎日々彦「詩句ノート」,多田富雄の最終詩集『寛容』(石牟礼道子)など

〇免疫学者、多田富雄の最終詩集『寛容』石牟礼道子から抜粋 今はこんな状態でとっさに答えができません。しかし僕は、絶望はしておりません。長い闇の向こうに、何か希望が見えます。そこに寛容の世界が広がっている。予言です。 ・多田富雄(NHK「100年…