日々彦「ひこばえの記」

日々の出来事、人との交流や風景のなかに、自然と人生の機微を見いだせてゆけたら、と思う。※日々彦通信から一部移行。

2018-03-04から1日間の記事一覧

◎日々彦「詩句ノート」、飯田龍太の俳句50句

〇わたしが選んだ飯田龍太の俳句50句 一月の川一月の谷の中 一月の瀧いんいんと白馬飼ふ 白梅のあと紅梅の深空あり 紺絣春月重く出でしかな 春の鳶寄り別れては高みつつ 雪の峯しづかに春ののぼりゆく いきいきと三月生る雲の奥 朧夜のむんずと高む翌檜 満…